暑さ指数マップについて

公園や広場などの屋外のクールシェアスポットが、熱中症になる恐れが無いか心配ですね。そこでクールシェア事務局では、2019年から東京を中心に、猛暑時の屋外のクールシェアスポットの暑さ指数(WBGT値)の測定をすすめています。
その結果、やはり公園でも暑いところがありますが、木陰や水辺などで、一般の市街地に比較して明らかに暑さ指数の値が低いスポットが多くあることを確認しました。

次のステップとしてシェアマップに暑さ指数を表示させることで、熱中症予防に役立てることを目指しています。今夏も追加で測定の実施を予定しています。

熱中症警戒アラートついて

7月1日から、関東甲信地方では「熱中症警戒アラート」が先行実施されることになりました。あまり知られていなかった暑さ指数(WBGT値)ですが、日照や風通しの影響で大きく変化します。クールシェア事務局では熱中症予防に有効なものとしてWBGT値の測定に取り組んでいますが、これが契機となり普及すると良いですね。
熱中症警戒アラート(文科省ホームページ)

クールシェアについて