東海ラジオでクールシェアが紹介されました

2012-07-18 : 事務局からのお知らせ

東海ラジオの「安蒜豊三 夕焼けナビ」に、クールシェア事務局代表の堀内正弘が電話インタビューで出演しました。東海ラジオのご好意で、放送音源をこちらで紹介させていただきましたので、どうぞお聞き下さい。

7月9日放送 ご自宅やまちでのクールシェアのすすめ

10分37秒

7月10日放送 施設や企業でのクールシェアの取り組み

10分36秒

7月11日放送 自治体や地域でのクールシェアの取り組み

9分49秒 

東海ラジオ 安蒜豊三 夕焼けナビ ホームページ

読書空間みかも

2012-07-02 : お家でクールシェア

クールシェア事務局がある世田谷区奥沢2丁目は、かつて海軍の将校さんが何人も住まわれていたので「旧海軍村」と呼ばれています。今も残る当時のお宅が「読書空間みかも」として、地域の催しなどに使われています。

このたび読書空間みかもがクールシェアスポットとして登録されました。写真左から、オーナーの黒井さん、運営者の町田さん、クールシェア事務局スタッフの田村さん。当日は「みかも寄席」が開催されていました。

こちらは、シタールの演奏会の様子。他にも、チェロの教室、こどものための本の読み聞かせなど、地域の方々のさまざまな活動の場となっています。世田谷区の「地域共生のいえ」としても登録されています。

熊谷市でのクールシェアの取り組み

2012-07-01 : まちでクールシェア

熊谷市では、NPO法人エコネットくまがやが呼びかけ、市、商工会議所、青年会議所、商店街振興組合、ロータリークラブ、JR熊谷駅などが連携し、クールシェア熊谷実行委員会を立ち上げ、地域ぐるみでクールシェアに取り組んでいます。エコネットくまがやのホームページ

猛暑の日、よくニュースで取り上げられるのが熊谷の最高気温。暑いことを地域の特徴として活かした、いろいろな取り組みがなされているのに驚きます。「エアコンを止めて来た」と言うと提供されるクールシェア特典として、もう有名になった「冷やしシャンプー」のほか、さまざまなアイデアが活用されています。

引き合わせ叩き合い

伝統ある熊谷の「うちわ祭り」ですが、クールシェアをアピールするイベントになっています。家族そろって、お祭りや花火大会にでかけるのも、クールシェアですね。
(写真提供:熊谷市商業観光課観光振興係)

図書館でクールシェア

2012-07-01 : 施設でクールシェア

暑い日中、家のエアコンを切って図書館に出かけ、落ち着いて読書をするのもクールシェアです。シェアマップで検索して、いつもと違った図書館に足を運んでみるのも楽しいですね。

この写真は、東京武蔵野市にある「武蔵野プレイス」という、いろいろと新しい試みがされている複合施設です。

武蔵野プレイス

シェアマップには、自治体が公開している情報をもとに、全国の都道府県立図書館の他、市町村立の図書館(人口の多い都市)を”推薦登録”させていただいていますが、クールシェアのキャンペーンを行っている地域では、自治体による”本登録”への切り替えが進められています。

等々力渓谷でクールシェア

2012-06-28 : 自然でクールシェア

東京23区で唯一の渓谷、等々力渓谷。多摩川沿いの国分寺崖線には豊かなみどりが残されていますが、このあたりはかつては東京の避暑地でした。開発により緑は減少してしまいましたが、等々力渓谷は今も格別で、ここはかなり涼しいスポットです。涼しい理由は、土や緑、水面といった自然物の表面が冷たいために、気温よりも体感温度が低くなるためです。
6月の日差しの強い日の午後、表面温度計で、実際に温度を測ってみました。周辺の道路の表面温度が40度を超えていたのですが、等々力渓谷の地面は24度でした。この差が体感温度の違いに表れます。

クールシェアについて